お葬式

墓地や霊園の種類についてそれぞれ解説!

墓地や霊園の種類は、運営主体によって分類されますが、ここでは、公営霊園、民営霊園、寺院墓地3つの墓地や霊園について、それぞれ解説していきます。
まずはじめに公営霊園についてです。
公営霊園は各自治体が運営主体となっている霊園になります。
費用が低めなので経済的で、宗旨や宗派が問われず、自治体が運営するため安心感があるのが特徴です。
このような事から、東京の都立霊園はかなり人気を集めているため、利用申し込については抽選となっておりますが、応募の条件が決まっている場合もあります。
例えば、手元にご遺骨があることや、霊園がある市町村内に住所があるといった応募条件が課せられる場合もあるので、事前に確認しましょう。
次に民営霊園についてです。
民営霊園は、公益法人や宗教法人によって運営されている霊園になります。
民営霊園には購入の資格に制限がなく、宗教や宗派も問われない事が特徴で、現在でも都市近郊に多くあり、選びやすいことがポイントです。
最後に寺院墓地についてです。
こちらは寺院が運営主体となっている墓地や霊園になります。
墓地はお寺の境内にあるとは限らず、お寺とは別の郊外などに墓地があることもあります。
公営霊園と民営霊園では、基本的に宗旨や宗派が問われないのですが、寺院墓地は多くの場合、そのお寺の檀家となる必要があります。
今後、法要を行なう際などの安心感や、立地条件のよさなどが寺院墓地の特徴となります。

最新記事一覧